FC2ブログ
--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.17 *Sun*

壮行会@Zepp Tokyo 10/3 15:30【その4】

* live *
さてさて、土曜日はハロウィン前で仮装するこどもたちで溢れかえったネズミの国に行ってへっとへとになっておりました、kayoですw

あんまり疲れすぎて、「It's a small world」のボート上で意識を失い、左に倒れて落っこちそうになったところを友達にレスキューされました
やー、危ない危ない。

・・・その話はまた後で。

壮行会レポ、今日で書き終えますよ!!! ←気合いの赤文字w



MC
ここらへんもだいぶ忘れました・・・
「Body Talk」どうだった?? って感想をしきりに聞きたがってたなー。
もちろんみんな「よかったー」と答え、仁くんもすごく嬉しそうだった。
そういえば、「Body Talk」のとこで書くの忘れましたけど、曲初めにLEDモニタにタイトルが出たのですが、その字体がするするっと光る糸が流れるように文字を形作っていく感じで、すごくおしゃれで可愛かったんです。J-Webのロゴといい、イマイチなやっつけ仕事をいくつか見てたので、こういう「ちゃんとプロの仕事入れました」的なものを見るとちょっと安心。

ソファをずりずり出してきたの、ここでしたっけ?
位置が気に入らないらしく自分で横から引っ張ったり押したりして直しながら、
「なんかさー、みんな俺のこと雑だと思ってるでしょう?意外と几帳面(細かいだったかな?)なんですよー」とか言ってました。なんかおばちゃんぽかった(笑)
そのソファ、赤いバラがちりばめてあったんだけど、正直邪魔だし意図がよくわかんないよねww
「投げてー」というファンに「コレ先が尖ってて危ないからダメ!こーいうことすると俺が後で怒られるんだからあー」と。
なんかこういう会話も、本人がはじめに宣言してたけど「普段通り」な感じで嬉しかったな。

「ぼく一人ではうまくしゃべれないんでね・・・」とか言ってKeiboを呼び出して、紹介。
自分はシャイだ、という話のなかで、Keiboに「ちょっとどころじゃない」って言葉をしつっこく教えるw
「ど」ってところにアクセント置いて、「ちょっとーころじゃなーい」「はい、言ってみて」「もっかい」って何回もwww
仁くんに日本語教わるって・・・結構リスキーよね?


Hey! Girl
Keiboと歌うので日生バージョンでやりますー
ということで、バックのモニタにも日生のときに使っていた亮ちゃんと一緒にレコーディングしているシーンが流れます。すっごく楽しそうwwwそれを観てる私たちも自然に笑顔
日生のときにどこかの雑誌でも言われてたけど、この曲は仁くん一人ではなかなか表に出せないファニーな一面を引っ張り出してくれていていいアクセントになってますよね。
同じ業界で、事務所で、小さいころから長い時間を過ごしてきたふたり。
2回目に登場してくれたときも、たっぷりダメ出ししながら愛のあるエールをくれた亮ちゃん。
山Pにも言えることだけど、ふたりは「ジャニーズのアイドル」という仕事の意義を理解して、その道で自分を全うしようと努力している。その道を進むことを、ある意味「否定」している仁くんのこと、いったいどう思ってるんだろうってずっと思ってた。
慣れ合いの関係だったら、離れてもおかしくないんじゃないかなって。
だって仕事の目指す方向性が違う同僚と一緒にいるのって、一般人の私たちでも結構たいへんじゃないですか?

でも、あの子たちはお互いの違いを認めながら、自分の選んだ道をそれぞれひとりで進んでいこうとしてる。

だから、ときどき「休憩」しに帰ってくるけれど、寄りかかりあってなし崩しにお互いを駄目にする関係じゃない。その関係性は決して悪いものじゃないんじゃないかなーと個人的には思っています。

これがみんなして「俺はアイドルなんてできない」とか斜に構えて言いだしたら「ちょwww」ってなったと思うけどね。
それぞれ、自分の道を笑顔で進んでいけたらいいですね


Q&A
これは・・・いろんなとこでレポあがってるので詳細は割愛。(すみません)
「ひとりじゃ生きてけない自信がある」仁くん、このアンケートやお友達に助けられて、カミカミながらも自然に十分話せてましたね。
やー、いい方法を思いついたもんだww

来年、日本でツアーをやることも、このQ&Aのなかでさらっと。
でも言う前の一瞬、目がきらっと。そしてみんなからの喜びの絶叫にふっと笑う。
このこと、別でちゃんと「サプライズ」のひとつとして発表されるものと思ってたので、この「さらっと感」にびっくりしました。


Yellow Gold
今回のツアーのリードトラックになるこの曲。
確かにツアーを引っ張っていけるテーマ性と力強さに溢れた曲ですよね。
仁くんも生声で、すごく力をこめて歌ってた。汗が金色のライティングにきらめいて綺麗だったなー。
I can share with you this world...I can make you beautiful
の声を振り絞って盛り上がるところと
you're a diamond precious stone...
っていうラップ?のとこがかっこよくて好きです。
ただ、LA公演のときのバックダンサーさんたちの振り付けというかフォーメーション?がミリタリーっぽくてあんまり好みじゃなかったんだよなー。
ここ今回の全米で変わってるといいんだけど。(←超個人的)


My MP3
My MP3は日生のフォーメーションダンスがゴージャスで迫力満点でカッコよかったですよね。
LAではアレがなかったのでちょっと物足りなかったんだけど・・・全米では復活するかな?ステージの広さとか構造的な問題があるのかしら。
右腕を後ろ向きにぐるぐるやる振りとか、ポップダンスっぽい未来的な振りとか、仁くん個人のダンスも面白い。
歌詞も、メロディも、ダンスも、オリジナリティが高くて新しい感じがします。
そういう意味では「クリモニ」に近い位置にいると思う一曲。



Eternal
「ぼく・・・シングル出します。最後はその曲を」といって紹介されたのは「Eternal」。
正直、英詩の新曲だと思ってたので意外でした。
「Eternal」自体はとても大好きでたいせつな曲だけど、そして、きっとファンにすごく愛されているこの曲を、そこに込められたメッセージを踏まえて選んでくれたであろう仁くんの気持ちには胸を打たれたけれど。

でもでも、「Jin Akanishi」として世界に乗り出す一曲目としては・・・どうなんだろう。
個人的にはシングルカップリングとかに入る「隠れた名曲」的な位置づけでいてほしかったような気もしているの。
それと、これをMステとかで生で歌うのかと思うと、もう今から吐きそう。おなか痛い

そんな複雑なきもちがよぎりながらも、仁くんの透明感のあるハイトーンボイスには魅了されずにはいられないわけで・・・
小学生みたいな簡単なことばたちが連なって形作られる歌詞、心をこめて歌うその表情。
これを見たらさ、この子が悪い子だなんて、どうやったって思えないよ。
優しさとあったかさ、人生に対する至極ピュアで前向きな想い。
おおきな幸福感が会場中に広がりました。


もしアメリカでも同時リリースになるんだとしたら、英詩のかっこいい新曲とダブルA面とかだったらいいな。
それで、テレビ番組でも両方やるの←しつこい
おお、テンションあがってきたー♪


最後に
今回の壮行会は、仁くんを送り出す会だったはずだけど、仁くんは日本で待っててくれるファンに「ありがとう」って「今の自分を自分の言葉で、作品で伝えよう」ってすべての時間を使って伝えてくれた。逆に私たちがもう半年待てるよう励まされちゃいましたね。
私たちがあーでもない、こーでもないとヤキモキしている間に、仁くんはこの会を実現させるためにすごく力を尽くしていたんでしょう。
黙って、努力する。
仁くんはいつだってそうして来たのに。
くだらない噂やいろんな意見に振り回されてばかりいて、ここ数カ月の自分を大いに反省しました・・・

私がどうして仁くんを、その音楽を愛してるのか。
短いけれど、それを思い出すには十分な時間でした。

最後に思ったのはやっぱり

「ありがとう」


これからも仁くんが創り出す音楽を、世界を、一緒にshareしていける「パートナー」でいられるといいな、と願いながら、心から満足して家路に着きました。

仁くんの世界はこれからもっともっと広がっていく。

楽しみで楽しみで、ぞくぞくします!
またこの場で、そのときどきのときめきを綴っていけますように









スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

kayo0704

Author:kayo0704
まじめな顔して働いてますが、ほんとは超マイペース。
めんどくさがり、
そして基本おたく気質。
どっぷりA担。
アラサ―なれど実家暮らしの
ぱらさいとです。



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



カテゴリ

jin (20)
nail (6)
ごはん (2)
cosme (0)
about myself (1)
未分類 (0)
friends (2)
live (10)
leisure (1)



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © la la means・・・ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。