FC2ブログ
--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.02.27 *Sun*

Into the Wild

* jin *
さいきんは雑誌祭りが続いてますね。
ビジュアル絶好調で笑顔も多いので、厳選するのがたいへん

似てるの持ってても、あの笑顔でにっこりやられるとついレジへ・・・
誉められてるテキスト読むと、自分のことのように嬉しくてついついレジへ・・・

って危険、危険。

他のアイドルや俳優さんのこと、あまり知らないんだけど、仁担の購買力(欲、といったほうが正しいか?)ってすごいですよね。
出版社のみなさま、あかにしくん載せるとすっごい売れるよ~
新規顧客獲得できるよ~
って囁いて、たくさんの良質な雑誌に出ていただきたいと目論む今日この頃。
AKBとか嵐とかはもっとすごいのかな?

さて、本日のブログタイトルは「anan」のリードタイトルから。

「スピードレーサー」のエミール・ハーシュ主演作のタイトルですよね。
ライターさんがそれを踏まえて書いたのかはわかりませんが、いろんなことが繋がって形作られていっている仁くんの最近のキャリアパスを思うと不思議な縁を感じます。

ハリウッド映画で共演、なんて日も来るかもしれない。

さて、そこにいる仁くんは、いわゆる「ワイルド」という雰囲気とは離れた、穏やかでクリーンな空気を纏っていて。

柔らかいナチュラルな雰囲気の薄手ニット。
くっきりした鎖骨。

ふんわりしてる中にがっしりした身体が泳いでる感じがすごくセクシーで、ニット着てる仁くんが大好きなんですけど、なかなか着てくれないですよねー。

痒いとか手入れめんどくさいとか、そんなとこかな?
そんなことをぶちぶち言ってるとこを想像するだけで可愛いけど

細かいほくろとか手のささくれとか・・・そんなのまで見えてなんかもう全部が愛しい。
黒目がちな大きい瞳、伏せた目の周りを縁取る睫毛、くっきりした輪郭、柔らかそうな黒髪。

全部大好き。

こんな素敵なのに才能もあって性格も優しくて男前って、知ってたけど、他にいないよね。

仁くんは、自分はアイドルに向いてないっていうけれど、私は君こそナチュラル・ボーン・アイドルだと思ってます。

個人的な感覚ですが、

☆アイドル⇒人を幸せにする、楽しませる

☆アーティスト⇒モノを創造する、表現する

だと思っていて。
仁くんはどっちにも違和感なく当て嵌まる。

でも、仁くんは自分がどれだけファンに幸せを与えてるかってことにとても疎い。
それどころか、逆にネガティブな気持ち・・・不安、悲しみ、憤り・・・を与えてる存在だと認識してるように思う。

あんなに一挙手一投足で、ちょっと微笑むだけで。
なんならハット取ったり、インタビューで噛んだりすることですら、しあわせな気持ちを呼び起こさせる人なのにね。
本人があんだけ無自覚でいられるのがまったくもって不思議です。
でも、Tipsy Loveの幸せオーラに包まれて、ちょっとは分かってくれたかな?

ま、呼び方なんて正直どーでもよくて、私にとっては仁くんはただ「赤西仁」でしかないんだけど。
そして、そのままいてくれるだけで、めっちゃ幸せなんだけどね。

なにせ、仁くんの可愛さは、「赤ちゃんてかわいい」と同じくらい、のレベルだと思ってる盲目ですからっ
でもこの話を昨日仁友さんにしたら、深く納得していただけました。
やっぱり~

んー、なんていうんですかね、あの子の可愛いっていうのは、生命体レベルの可愛さなんですよね。
犬とか、赤ちゃんとかが可愛いっていうのと同じくらい、イノセントで普遍的なものなの。
そして、彼の創り出す音楽は、その普遍性をいつもどこかしらに、宝石の欠片みたいに抱えているの。

だから、彼の魅力は国境を超える。
世界にも、あの子を、あの子の音楽を求めてる人はきっといる。

そう思ってます。

Deruloだって、「Love at first sight」って言ってたし!
あーれは、ちょっと危機感感じたけどねwww
仁くん、逃げてっwww て思ったけどね。
ルックス的にはロテムのほうが更に肉食っぽくてコワイけども。

そういう意味ではこれからは「Into the Wild」かもしれない・・・

仁くんがずっとピュアピュアちゃんでいてくれることを祈ってます。。。

あ、武道館のレポ(というか感想)、一応書いています。
でもまだ途中・・・
書き終わらないうちに次がどんどん出てきて追いつかないっ

3月にシングルリリースして、
5月にDVDリリースして、
7月に全米シングルリリースして、
秋にはアルバムリリースして、
その後はきっとワールドツアー。

その合間合間はそれぞれのプロモーション。
いま、Eternalの発売間近なのに本人の姿が見えなくて、ちょっと淋しい気もしてたけど、こうやって書き出してみると、仁くん大忙しだね!

2011年、ずっと彼の笑顔と充実した姿を見続けることができそうで、これから巡り来る季節が楽しみでなりません。

未来に希望を持たせる。

やっぱり仁くんは、私にとってオンリーワンのきらっきらアイドルです

スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

kayo0704

Author:kayo0704
まじめな顔して働いてますが、ほんとは超マイペース。
めんどくさがり、
そして基本おたく気質。
どっぷりA担。
アラサ―なれど実家暮らしの
ぱらさいとです。



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



カテゴリ

jin (20)
nail (6)
ごはん (2)
cosme (0)
about myself (1)
未分類 (0)
friends (2)
live (10)
leisure (1)



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © la la means・・・ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。